2014年05月03日

神事の待ち時間に

神事の待ち時間にふと思いました。

「待ち時間が長いなあ」と思っている方もいるでしょう。

でも、昔の聖人が本当の神仏に会おうと思ったら、最低数十日。

場合によっては、何年も費やしたり、人によっては一生です。

それでも、会えればラッキー。

何もなくてがっかりして、わかったようなことを言う人。

魔物にたぶらかされて、本人も周囲も人生が狂ってしまう人。

たいてい、こんなことばかりです。

また、神仏に会えたといっても、

お堂や、教会にお鎮まりになる、菩薩や天使のお顔をみるくらい。

それでも、その体験が幸せで、幸せで、幸せで。

そして、その幸福が死ぬまで、そして死んでからも続くというのです。

確かに、何十日、何年、一生をかけて神を求める価値はあります。

そう考えると、ワールドメイトの神事の圧倒的にすごいこと。

週末の一回や二回で、本物の神仏に出会えるなんて驚愕すべきことです。

また、そこでまみえる神様は、歴史を動かし、時代を作るような、

超絶した神力を持つ神々ばかり。

神事のたびに、凄まじい証をいただくのもありがたいのですが、

魂に焼き付けたこの幸せは、いったい何百年、何千年残るのでしょうか。

今は、毎年、決まった季節に神事があってありがたいばかりですが、

次の世代か、次の次の世代になると、深見先生と一緒の神事は難しくなります。

さてさて。いったい、どんなにありがたい日々を過ごさせていただいているのか。

そんなことを思いながら、今年もまた、幸福感に包まれて、

この後のゴールデンウィーク神業に向かわせていただきたいと思います。


posted by Son of Zeus at 00:00| ワールドメイトの神事体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

稲荷、教団霊、邪気、邪霊、その他もろもろ

久々の更新ですが、
富士箱根神事の前に、ちょっと思ったことがありまして。

いつものように(?)、
神事会場に行く直前に霊璽を書いてたら、
ふっと体が軽くなる霊璽がありました。

『メデューサ、セト黒龍、
大元帥明王が、稲荷、教団霊、邪気、
邪霊を徹底的に粉砕する』です。

これを書いた瞬間、体が浮き上がるように軽くなりました。

「稲荷にも、教団霊にも、別に用はないしなあ」と、
不思議に思っていました。

で、神事から帰ってきてわかったことが。

お世話になって、いつも出入りしている先の方の、
母方の実家が、何代も稲荷崇拝をしてたそうです。
でも、先代で商売をやめたので、まったく行かなくなった。

その後、先代ご本人はアル中、
奥様は原因不明の病気で背中が曲がり、
息子さんは鬱病で仕事ができなくなったとのこと。

「神界からの神通力」や「神霊界」の世界そのまんまです。

私がお世話になってる方は、
実家から遠く離れていることもあって、
比較的元気なのですが、
気分の浮き沈みが激しく、時折、体調が壊れます。

「ちょっと大変な方だなあ」とは思っていましたが、
そういう霊的な背景があるとは思いもよりませんでした。
そして、知らず知らずのうちに影響を受けていたんでしょうね。
だから、この霊璽を書いた瞬間、すうっと軽くなったはず。

この方々のために、
愛念を込めて霊璽を書かせていただくべきなのは、
言うまでもありませんが、
それにしても恐ろしいのが、
どこでどんなふうに霊的な影響を受けるかわからないということ。

意識するとせざるとにかかわらず、
霊はやってくるのです。

そういえば、今回の神事も、お取次の前に
深見先生は、数万体の稲荷霊や教団霊に苦しめられたそうです。

もしかしたら、

「神事の前には、会員はみんな、
『メデューサ、セト黒龍、
大元帥明王が、稲荷、教団霊、邪気、
邪霊を徹底的に粉砕する』霊璽を書く!!」


ということをルール化してもいいかもしれませんね。

古来からの神事では、必ずお祭りの前には禊潔斎をします。
そんな感じで、まず、自分自身を霊的にきれいにしてから、
神事に向かうのが、神様への礼儀のひとつかもしれません。
posted by Son of Zeus at 09:23| ワールドメイトの神事体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

「昆布しばり」、「石にかえる神符」

長年の持病でも、あきらめずに祈り続ければ、
状況が好転していくことが多いようです。

もちろん、病院できちんと検査し、
治療を受けているという前提はありますが。

知り合いに、
強迫神経症と鬱病で苦しんでいた人がいます。

そのご家族がワールドメイトの会員になったので、
この3年間、「昆布しばり代」をずっと書いてきたそうです。
また、今年、「石にかえる神符」が出てからは、
ちょっと張り込んで、たくさん書いたとのこと。

すると、今年の富士箱根神事が終わったその日、
病院で、お医者さまが、
「大丈夫。完治しましたよ」
と言ってくださったそうです。

「あまりにも嬉しくて」とのことで、
びっくりマークいっぱいのメールが届きました。

もちろん、祈りや霊璽、神符だけで
病気がなおるわけではありませんが、
それでも書き続けていたら、
こうして「無理だろう」という病気も
治ってしまうのですね。

あきらめずに、継続して祈り続けることの大切さを、
改めて感じました。

そういえば、霊璽も神符も、
通年で受け付けてくださるそうですし、
最終お取次は来年だそうです。

ことあるごとに霊璽を書き、神符に祈り、
周囲の人にどんどん幸せになっていただきたいですね。
posted by Son of Zeus at 22:50| ワールドメイトの神事体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

災いが「石になった」というお話

ちょうど「○○を石にかえて下さい祈願符!」が出た頃のこと。

知り合いのある女性が、
PMSで苦しんでいるという話を聞きました。

PMSとは、「生理前症候群」といい、
頭痛、腹痛、腰痛などのほか、
イライラんだり、落ち込んだり、
攻撃的になったり、無気力になったり、
ときに体が動かなくなるといった
症状が出るそうです。

あまり知られてないし、
認識もされていませんが、
実は働く女性の9割は、
これに相当する症状で
苦しんでいるのだとか。

ひどいときには、
夫や恋人、子供などの身内、
職場の上司や同僚、部下などに、
「噛みついて」しまい、
それがもとで、家庭が崩壊したり、
仕事や社会関係がダメになることすらあるそうです。

私がお話したその女性は、
ちょうど私が話を聞いたころ、
かつてないほど症状がひどくなり、
恋人に猛烈に不愉快な態度をとって、
破局の危機を迎えたそうです。

「大変だなー」と思いながら、
家に帰って、たまたま目の前にあった
「○○を石にかえて下さい祈願符!」を、
彼女のために書かせていただきました。

あれから3カ月。

偶然、彼女から話を聞いたのですが、
私はのけぞってしまいました。

彼女が言うのは、こうです。

「インターネットを見てたら、
いい情報を見つけたんです。
最近のアメリカの研究では、
PMSはカルシウム、マグネシウムの不足と、
強い関係があるそうです。

だから、
カルシウムとマグネシウムのサプリを、
2対1の割合で毎日とれば、
PMSの症状はほとんど出なくなる。

…そう書いてあったので、
早速、サプリメントを買ってきて、
毎日飲むようにしました。

そしたら、
あれほど長い間苦しんでいたPMSが、
ピタッと止まったんです。

体調もいいし、
情緒も穏やかになって、
笑顔が絶えなくなりました。

彼との仲もラブラブに戻って、
今ではもう、
結婚生活の話をするようになりました」


…なんと鮮やかな神符の証!

もっとも、
人形であれ、霊璽であれ、あわ代であれ、
人の幸せを祈って書いたものに、
必ず百発百中で証が出るのは、
ワールドメイトでは当たり前。

ですが、私が驚いたのは、
彼女が「カルシウム」で救われたことです。

そう。

「カルシウム」=「石」。

災いが石になって封じ込められ、
消えていくように祈ったとたん、
カルシウム(石)を摂取するという
解決策を彼女が見つけ、
長年の病気を「石にして」封じ込め、
苦しみを消し去ったことです。

驚きました。。。

生ける本当の神の居ます斎庭ですから、
証が出るのは当たり前。

でも、ただの証ではなく、
鮮やかに、
分かりやすく、
粋(イキ)な計らいによって、
ドラマチックに救済なさる。

…神様は、時々、
そういうことをなさります。

神様に深く感謝するとともに、
あらためて、
ワールドメイトをすごいと思いました。


なお、
「○○を石にかえて下さい祈願符!」は、
通年で申し込むことができるそうです。

先日も、
新しい神符を送っていただきましたので、
「あんなこと」や、「こんなこと」を、
じゃんじゃん石にして封じ込め、
一人でも多くの方を幸せにしていただくよう、
祈りたいと思います。
posted by Son of Zeus at 10:41| ワールドメイトの神事体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

8代前までの禊ぎ祈願

ひさびさのご神業体験記です。

あわ代の「8代前までの禊ぎ祈願」をやってみました。

人形での前世みそぎや名前みそぎで、
絶大な証を体験していただけに、
今回も楽しみで仕方なかったのです。

無論、お玉串も「それなり」になるので、
「えいや!」とばかりに申し込みました。


確かに、考え方が少し変わったようです。

というのも、私は多少、「くよくよ」するところがあり、
嫌なことがあった後は、少し尾を引くことがありました。
言い方を変えると、少し「すねる」というか。

でも、あわ代によるみそぎをやってみたら、
悪い想念が浮かんできたほぼその後に、
「いや、こういう考え方もある」
「こう受け取らねばならない」
と、それを否定するような考えも、
自然に浮かぶようになったのです。

これを「悟り」とか「教え」というには、
まだ浅いのかもしれませんが。

でも、とにもかくにも、
お陰で悩まなくなった。すねなくなった。

それにしても、
今までこうしたことが原因で、
運気を落としていたのですね。


人の想念って不思議です。

と、同時に、考え方を変えさせていただき、
神様と深見先生に感謝するほかはありません。
posted by Son of Zeus at 21:30| ワールドメイトの神事体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。