2013年08月20日

先祖供養

ワールドメイトの先祖供養が終わりました。
1億2千万体もの先祖霊を供養していただき、
神様と深見先生には感謝以外の言葉が見つかりません。

さて。

今回の先祖供養の前には不思議なことがありました。
知り合いの新人会員(女性)さんなのですが。

7月のなかばに、
まだ小さい娘さんが風邪を引いてしまったそうです。
かわいそうに咳が止まらなくなったのだとか。

そしてその風邪がその会員さんに移り、
こんどのお母さんのほうの咳がひどい状況になったそうです。

さらに離れたところで暮らしているはずの、
その会員さんのお母さんが風邪を引いてこじらし、
肺炎で入院してしまったというのです。

娘、母、祖母と、名字が違うものの、
血脈が一直線につながった女性たちが、
同じ時期に咳をし、肺の苦しさを訴えて寝込んでしまったのです。

典型的な先祖の戒告です。

聞けば、旦那様のほうの墓参りはするものの、
奥様のほうの先祖供養はこれまでやったことがないとのこと。

これはいけない、
とばかりにワールドメイトの先祖供養をまんべんなく申し込み、
寿符を書いて祈りを込めたところ、
3日以内に三人ともけろりと治ったそうです。

不思議といえば不思議ですが、
本当に先祖がお盆に帰ってくることの、
またとない証といえます。

さてさて。

ご要望どおりにちゃあんと救済されたご先祖さんたち。

「供養してよー」という戒告はありやかでした。

今度は「供養してもらってありがとう」という証も、
よりクリアにわかりやすく出してもらうことを、
(ひとごとながら)期待しておきたいと思います♪

posted by Son of Zeus at 16:30| ワールドメイトで体験したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。