2013年07月23日

挫折の効用

「天の将に大任を是の人に降さんとするや、
 必ず先づ其の心志を苦しめ、
 其の筋骨を労し、
 その体膚を餓やし、
 其の身を空乏し、
 行ひ其の為すところに払乱せしむ。」
 
青山塾で何度も暗唱した『孟子』の一節です。
この言葉を口ずさみながら、
維新の志士たちは命がけで走り抜けたんだという
深見先生の熱い講義が今も心の中で蘇ります。

古今東西、志を立て、
世の中に立派な働きを残そうとしたら、
「絶対に」大きな挫折や苦労を経験させられます。

吉田松陰は牢に入れられ、
西郷隆盛は島流しにあい、
文字通り、
「心志を苦しめ、
 其の筋骨を労し、
 その体膚を餓やし、
 其の身を空乏し」
たからこそ、維新の原動力を産みだしました。

海外でもそうです。

リンカーンは6度の落選、2度の事業失敗を乗り越え、
セオドア・ルーズベルトやJ.F.ケネディは人知れぬ難病を乗り越え、
アメリカの歴史を作り、世界の潮流を作り出す偉人になれました。

天は公平で平等なのです。

悲しい挫折や苦しい試練を越えねば大きな幸せはありません。
千手観音様の手には刀やトンカチもありますが、
人間のためを思えばこそ、大慈大悲で試練を与えるといいます。

昨年の衆議院選挙、今年の参議院選挙で圧勝した、
安倍晋三総理大臣をみるにつけ、
これらのエピソードを思い出します。

年金問題など前任者たちの責任で参院選に敗北。
その後の「衆参ねじれ」で心身ともボロボロになり、
総理辞任後は各地で罵声を浴びせられながら、
じっと肝を練り、やがて来る「その日」に備えてこられた。

大きな大きな挫折はやはり、
大きな大きな神の愛だったのでしょう。

アベノミクスで日本が変わるか。
安倍外交で周辺国の圧迫が跳ね返せるか。
私達日本国民の未来は、
安倍総理の手腕によるところ大です。

ワールドメイトは特定の政党や政治家を
応援する団体ではありませんから、
このブログも政治的な意味で総理を応援することはしません。

しかし、挫折を乗り越えて強くたくましくなられた
安倍晋三総理が見事に日本国民を素晴らしい方向に導かれるよう、
祈り続けたいと思っています。


 
posted by Son of Zeus at 16:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。