2010年01月19日

北極老玄神祖 「火の神事」

「水の神事」の物実は、
あまりにすごかった。

先日の宇佐神事のつづきです。

しかし「火の神事」もすごかった!

家で試してみたのですが、
すさまじい証がありました。

物実である「黄金の徳マッチ」の解説はこうです。

「何か困難やトラブルに遭遇したとき、自宅や支部などで、このマッチに火を灯し、具体的にお祈りしてください。すると、災禍厄難を払い、邪魔するものを焼き払う働きが、個人レベル、組織レベルで強力に顕現します。すると、解決の糸口が自然に現れてくるのです。むろん、何も問題がなくても、感謝のお祈りをしてマッチに火を灯すと、災いが未然のうちに消えていきます」

実はここ最近、
しばらく心にひっかかってることがあり、
ためしにこのマッチをすってお祈りしてみました。

ある人が私にしたことが、
どうも理不尽に過ぎる気がして、
ちょっと面白くなかったのです。

ま、生きてれば誰でもある、
よくある話です。

いつもなら、
「お互いに幸せになりますように」
とお祈りして忘れるような事柄です。

でも、まあ、試しにと、
ともあれ、実際にマッチをすって、
ぶつぶつと具体的にお祈りしてみると・・・。

あれよあれよという間に、
胸がすうっと楽になるではありませんか!
「へえ。こんなにわだかまっていたのか?」
と自分でも不思議になるほどでした。

こういうことのストレスって、
意外に大きくて、
自分でも気づかないとこで、
蓄積するんですね。

そういうわけで、
なんだかすっきりして眠りに就きました。

「いろいろあるけど、まあ、いいか」
なんてつぶやきながら。

しかし、「黄金の徳マッチ」のすごさは、そんなもんじゃなかった!


明け方のことです。

外が白じらと明けたあたりで、
ふと、目が覚めました。

そのとき、なんとはなしに記憶が蘇ってきたのです。

ある人が私に理不尽なことをしたと
自分では思っていたのですが・・・

よく考えると、その前に、
私の言った一言が相手を傷つけたのではないか?
そういえば、自分、あんなこと言ったなあ・・・。

そのときの私の具体的な言葉、態度、
それを聞いた相手の表情や様子まで、
あざやかに思いだした。

「悪かったのは自分だ!」

そう思いついて、がばっと起き上がりました。

なぜだか泣けてきて、また神に祈りました。

お詫びの涙なのか、
ありがたくて泣けたのか、
ともかく朝っぱらから大の大人が、
ポロポロと涙を流した。


神様はやはり大愛です。
結局、トラブルの根本を私に示し、
完全に解決したばかりか、
今後同じ失敗を繰り返さないよう、
私に教えてくださったのでしょう。

ありがたい話です。

ワールドメイトには、
本当の神様が降りておられます。

単純に証が出るとか、
御利益があるとか、
そういうレベルでなく、
人して本当に立派になり、
成長できるよう導いていただくところです。

こうした些細な失敗ひとつとっても、
教えに変え、悟りに変え、魂を成長させるよう、
こと細かく導いていただくなんて、
本当にありがたい話です。

あらためて、
このご神縁のすばらしさを感じた出来事でした。
posted by Son of Zeus at 22:41| ワールドメイトの神事体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。