2015年05月21日

ワールドメイトはお金がかからない

もうひとつ、よく誤解されているのがこれ。

「ワールドメイトはお金がかかる」というもの。

これはやや悪質なデマや中傷のせいで、
大いに誤解が蔓延したことがありますが、
ワールドメイトの基本的な活動に参加する限り、
数百円や数千円もあれば十分です。

ご神業ビデオを視聴させていただくだけなら、
御志御随意(無料)か200〜300円も奉納すれば、
何時間でもたっぷりと神学びすることができます。

非常に大事な神事に衛星放送で参加すれば、
3千円くらい奉納させていただくこともありますが、
何をどう間違っても人生が狂うほどの出費ではありません。

命乞い形や人形形代なら数十円や数百円でも、
立派なご神業ですし、
支部のご神前で世界平和や日本の弥栄を祈るのに、
御玉串はしてもしなくてもいいのは当然です。

ただただ、神学びをして御魂を磨き、
世界の平和や日本国の弥栄を祈るプロセスで、
実在の神を体得し、神を行じ、神人合一するのが、
私の理解する限り、ワールドメイトでの中心的な活動です。

もちろん、レベルの高いお取り次ぎ資格をとったり、
秘鍵開示会などの参加したりする「自由」もありますが、
そうしない人もたくさんおられますし、
だからといって会員をやめろというようなことはありません。

「とにかく自分自身が開運したい」
「ここ一番の願いを叶えたい」
という人が、「ここ一番」の奉納を行おうにも、
原則的に全ての神事で5万円をはるかに超える玉串は、
ワールドメイトに受け取ってさえいただけません。

他の教団なら、給与のたび、ボーナスのたび、
はたまた退職金や相続のたびに、
高額のお布施や献金の話が来ると聞いていますが、
ワールドメイトに限ってはそうしたことは起こり得ません。
他教団とは、そもそもお玉串の桁が違うのです。

しかし、(悲しいことに)私の知り合いでも、
「客観的にそれは叶わないようがよい」という願いで、
自分の「欲(我利)」を満たすために玉串しておいて、
「ちっとも叶わなかった」と憤って会員をやめてしまい、
「お金がもったいなかった」と批判していた人もいます。

この人はどこの神社でもお寺でも教会でも、
同じように「願いが叶わなかった」と文句を言うのでしょう。
しかし、信仰とは何かを真剣に考え、
客観的、良識的、常識的な判断ができる人からしたら、
この人が言うことがおかしいことはわかるはずです。

ともかく、そんなわけで、
(だいぶ真実が知られて、沈静化していますが)
悪質なデマや中傷に騙されないようにしたいものです。

ワールドメイトは世間一般の宗教団体と比べて、
「お金がかからない」団体であることは、
客観的な事実ではないでしょうか。
posted by Son of Zeus at 10:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

ワールドメイトの活動はすべて自由

長くワールドメイトの会員をやっていると、
すっかり当たり前になっていることが、
世間の人には驚くべきことである場合があります。

例えば、

「ワールドメイトの活動はすべて自由」ということ。

どこの宗教団体にもノルマのようなものがあり、
催事に参加しないと激しく責められることもあるそうです。

しかし、ワールドメイトの活動はすべて自由。
魅力的な「お誘い」はありますが、一切強制はありません。

それはそうです。

ひたぶるに神様に誠と真心を捧げるものが神事ですが、
強制されたり、嫌々参加しては、誠も真心もありません。

エンゼル会に入り、お役についたりすれば、
コミュニティの皆をお世話する役回りを授かりますが、
それも含めてすべて自由意志です。

嫌な人が無理矢理、お役をやることはないですし、
実際に、支部代表やエンゼル会の方々の中には、
仕事や家庭の都合で一時的に神業をお休みするのは、
よく聞く話ではありますが、だからといって、
「もっとしっかりやれ」とか「祟りがある」といって、
参加やご奉仕活動を強制することもあり得ない話です。

少なくとも私が深見先生のお話を聞いてきた限り、
ご神業は絶対に強制であってはならないというものばかりです。
また、私個人としても、
ワールドメイトの「自由さ」を日々、痛感しています。

友人にこのことを話すと驚いていました。

私達が「当たり前」だと思っていたことが、
実は当たり前ではないことって結構あるんですね。

posted by Son of Zeus at 08:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。