2015年03月08日

人生の転機

ワールドメイトで経験したたくさんの証はありますが、
私の場合、根本的な意味での「人生の転機」となったのは、
やはりあの「大仁位上げ神業」だったように思います。

いろいろあって、当時、食事も制限するほど貧乏だったのに、
何を思ったか、思い切って玉串のバーを超えていきました。

緊張で足が震えるような思いをしながら、
ずどんと包んだお玉串を受付まで持っていったことを覚えています。

それからです。

住む場所が変わり、
職業が変わり、
つきあう人々が変わり、
人生がまるっきりかわっていきました。

思えばあの時、「位上げ」の発願をしたとおりに、
神様が私の人生を根本的に変えてくださったようです。

このたび、伊勢の中部エリア本部への勧進が許されました。

また、今年の6月まで、世界一観音様への奉奠もお許しいただいています。

こんなにありがたい機会はありませんので、
私としてはただただありがたく感じ、張り切っています。

もちろん、「お陰」を求めての玉串をするつもりはなく、
これまでのことに感謝を込め、
こらからのご神業の弥栄を祈念しての奉納です。

どうぞ、この誠を神様がお受け取りになり、
たくさんの方の人生を変え、
日本を、世界人類を素晴らしい方向にいざなっていただけますように。

posted by Son of Zeus at 16:00| ワールドメイトで体験したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

豆木や人形は「ひと通り」書かせていただきます。

いよいよ今夜で、豆木の第1次申し込みが終了です。

私は、豆木や人形などは、
必要かどうかはともかくとして、
「とりあえず、ひととおり申し込む」ことにしています。

特に、新しく出されたものは、
まあ、式階はともかくとして、
無条件で奉納させていただきます。

なぜかというと。。。

まず、「必要かどうかなんか私にわかるはずない」からです。
むしろ、「自覚できないから因縁」なわけで、
必要だなあ、と思わないということは、
思いもかけず自分に深いつながりがあるかもしれません。

そして、「必要だからこそ降ろされた」からです。
それぞれのご神業には、それぞれのテーマがあるそうです。
そして、そのテーマに沿って、必要なご神徳を神様が出されます。
せっかく、神様がご神徳をくださる気まんまんでおられるのに、
それを受け損なうのはもったいないというものです。

とはいえ。

何も杓子定規に「決めたことだから」と奉納するのではありません。

楽しくて、わくわくするからです。

特に、新しい豆木の場合は、
何十年も、何百年もこの日を待ち望んでいたご先祖がおられるわけで、
その方々にとってはようやく来た「救済の日」です。

謹んで申し込ませていただくことの嬉しさを感じつつ、
豆木で救済されるご先祖様のぶんまで、
神様と深見先生に感謝させていただきたいと思います。

posted by Son of Zeus at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。