2013年07月23日

挫折の効用

「天の将に大任を是の人に降さんとするや、
 必ず先づ其の心志を苦しめ、
 其の筋骨を労し、
 その体膚を餓やし、
 其の身を空乏し、
 行ひ其の為すところに払乱せしむ。」
 
青山塾で何度も暗唱した『孟子』の一節です。
この言葉を口ずさみながら、
維新の志士たちは命がけで走り抜けたんだという
深見先生の熱い講義が今も心の中で蘇ります。

古今東西、志を立て、
世の中に立派な働きを残そうとしたら、
「絶対に」大きな挫折や苦労を経験させられます。

吉田松陰は牢に入れられ、
西郷隆盛は島流しにあい、
文字通り、
「心志を苦しめ、
 其の筋骨を労し、
 その体膚を餓やし、
 其の身を空乏し」
たからこそ、維新の原動力を産みだしました。

海外でもそうです。

リンカーンは6度の落選、2度の事業失敗を乗り越え、
セオドア・ルーズベルトやJ.F.ケネディは人知れぬ難病を乗り越え、
アメリカの歴史を作り、世界の潮流を作り出す偉人になれました。

天は公平で平等なのです。

悲しい挫折や苦しい試練を越えねば大きな幸せはありません。
千手観音様の手には刀やトンカチもありますが、
人間のためを思えばこそ、大慈大悲で試練を与えるといいます。

昨年の衆議院選挙、今年の参議院選挙で圧勝した、
安倍晋三総理大臣をみるにつけ、
これらのエピソードを思い出します。

年金問題など前任者たちの責任で参院選に敗北。
その後の「衆参ねじれ」で心身ともボロボロになり、
総理辞任後は各地で罵声を浴びせられながら、
じっと肝を練り、やがて来る「その日」に備えてこられた。

大きな大きな挫折はやはり、
大きな大きな神の愛だったのでしょう。

アベノミクスで日本が変わるか。
安倍外交で周辺国の圧迫が跳ね返せるか。
私達日本国民の未来は、
安倍総理の手腕によるところ大です。

ワールドメイトは特定の政党や政治家を
応援する団体ではありませんから、
このブログも政治的な意味で総理を応援することはしません。

しかし、挫折を乗り越えて強くたくましくなられた
安倍晋三総理が見事に日本国民を素晴らしい方向に導かれるよう、
祈り続けたいと思っています。


 
posted by Son of Zeus at 16:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

人が神を裏切ることはあっても、神が人を裏切ることはない

むかし、
「お祈りしても証がなかった」
という人がいました。

その人は、残念ながらワールドメイトを退会。
でも、いろいろあって結局、再入会したのです。

なぜ?と聞いてみると、
「いろいろあったけど、結局、願いが叶ってた(笑)」
とのこと。具体的には、結婚が決まったそうです。

願いが叶えば続ける、
叶わなかったらやめる、
というのでは進歩も向上もありませんから、
今度こそ、神様のご意志にそうよう、
己を向上させ、永遠の幸せをつかんで欲しいと願います。

ともあれ、大きな願い、大きな幸せほど、
神様は時間をかけて準備されるといいます。

周囲の人をみてみても、
出世、結婚、出産などの人生の転機は、
みっちりと数年から数十年の「仕込み期間」があります。

「年収300万円」の人が、
「年収1000万円に!」と祈った。
その願いを神様が聞き届けようとする場合、どうするか?

現実的に考えて、
毎年、宝くじに当たり続けることはあり得ません。

特別な才能や経歴がない方が、
それだけの収入を得ようとするには、
1)大企業に転職して管理職になる
2)難関資格をとって成功する
3)自営業で成功する
・・・のいずれかくらいしかありません。

どれも大変に難しいことです。
(だからこそ高収入なのですが・・・)

そもそも、
これまで平々凡々に生きてきた方が、
今までの継続を捨てて難関にチャレンジするのか。

だからこそ、
神様は本人のモチベーションを高めるために、
時間をかけていろいろな形で導こうとされます。

あくまで、「たとえ」ですが、
1)恋人にこっぴどく侮辱されてふられる
2)本人や家に大変なことがあって、大きな借金を背負う
3)自分や家族が大病して、「稼がなきゃ」と決意する
といった「転機」がやってくることもあります。

実際、そうでもしないと、
その人が、今の生活を変えようと意を決することはありません。

そこから奮起して、血の出るような努力を続けること3年、5年。
必要な努力をやり遂げ、実ったところで、
ようやく目標の「年収1000万円」がみえてきます。

しかし、、、

この渦中にある人は、
それが神様の尊い思し召しとは思えないことがあるのです。

「不幸になった」
「お祈りしてもちっとも良くならない」
「神様なんていない」
そういって、信仰を捨て、神様から遠ざかってしまう。

人が神を裏切ることはあっても、
神が人を裏切ることは絶対にありません。

本当にその人の幸せを考えればこそ、
長いスパンで(ときに、前世から来世まで)、
人を幸せに導こうとするのが神様です。

全ては神様が自分を幸せにするためのプロセスなのだと
心の底から信じて、何があっても喜んで感謝したいところです。
posted by Son of Zeus at 11:49| ワールドメイトで体験したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

ほおずき市にて

浅草の4万6千日に行ってきました。

4万6千日のご縁日では、
本当に4万6千日参拝したぶんの功徳がいただけるそうです。
80年生きても2万9千日くらいですので、
人生1.5回分、毎日参拝した功徳ですね。

なぜ、それだけの功徳がいただけるのか?

深見先生から教えていただいたのは、
「法が好きになる、という功徳をいただけるから」ということ。
「ほうずき」は「法好き」をあらわします。

仏教では「ダルマ」ともいわれる「法」ですが、
宇宙の摂理、物事の理(ことわり)、老荘のいう道など、
古今東西、いろいろな言葉で表現されてきました。
これを真に体得すれば、生きても幸せ、死んでも幸せ。

また、いったん体得した法は滅びませんから、
何度生まれ変わっても「真を得た」人生を送ることができます。
よく、生まれながらにセンスがいいとか、コツがわかっている、
という人がいますが、生まれながらに真を得た人生とは、
どんなにすごいことでしょう。

目の前のお金の悩み、
人間関係、恋愛関係の悩み、
健康の悩み、
仕事上の様々な悩み。
・・・全部、次元の違うレベルで解決されてしまいます。

法を好きになる。

だから法を求め、そして体得する。

そうして、真諦を得た人生になるのでしたら、
何万日参拝してもいいくらいありがたいことです。
多くの方が4万6千日のご縁日に駆けつけるのも
うなずけます。

しかし、考えてみれば、
ワールドメイトのすべての催事・行事は、
それを通して実在の神を掌握し、
神を行じ、
神人合一の道を歩むためのプロセスです。

神事に申し込んだり、
形代を書いたりすれば、
たっぷりとダイレクトな功徳もいただけますが、
より重要なのは、願いが成就するまでのプロセス。

神様とはどういうものかを、理屈でないところで掌握する。
神様の願いにそった生き方をすることができる。
だから、何をするにしても神様と一緒にできる。

目先には成功も失敗もあるでしょうが、
それを10年、20年と続けることで、
揺るぎない「真を得た自分」が確立できるのです。

どんな逆境、批判、足の引っ張りも見事に跳ね返して、
今や日本人標準をはるかに越えたステージで、
順風満帆、春風駘蕩たる大活躍を続けられる、
深見東州先生こそが最高のお手本です。

ほおずき市の風鈴の音を聞きながら、
あらためて深見先生に巡り会えた幸せを感じ、
ご神業のありがたさに感謝するとともに、
ますますに精進したいと決意を新たにいたしました。

確かに。

法が大好きになって、
今回も4万6千日分の功徳をいただいたようです。

posted by Son of Zeus at 16:29| ワールドメイトで体験したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。